タイムセール中!

あと1日!

価格表プラスさらに!

¥10,000

今だけ!価格表の買取額からさらに【+10000円アップ!】で超高価買取!!   ご予約お急ぎください!(軽自動車をのぞく)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

ヴィッツを廃車するなら廃車買取おもいでガレージへ!

廃車トヨタ TOYOTA
公開日: 2016.08.10 / 最終更新日: 2019.10.13

ヴィッツはスターレットの後継にあたる、トヨタ自動車の小型乗用車です。

同社が欧州などでも生産・販売する世界戦略車の一つになります。

 

日本では、取扱ディーラーがネッツ店のみ、同店の看板車種です。

日本国外ではヴィッツではなく、“ヤリス“とよばれています。

 

登場は1999年で、このセグメントでは同社のスターレットやカローラⅡなど、

価格帯の低い小型コンパクトカーの分類に入ります。

ライバル社ではデミオやマーチ、ロゴといった車種が存在していました。

 

ヴィッツはギリシャ人のソティリス・コヴォスがデザインした車です。

欧州の雰囲気を感じさせる洗練されたフォルムと、高い安全性や環境性能が評価され、

国内外で爆発的なヒットとなりました。

 

この人気が小型車ブームを巻き起こし、他社もフィットやマーチで即座に追随します。

そして両車とも売れたことが、さらなるムーブメントをおこします。

この事から“日本の小型車を変えた存在”として、現在でも認識されています。

 

またヴィッツはモータースポーツにも明るく、

限定のワンメイクレース“ネッツカップヴィッツレース”、

同じくワンメイクラリー“TRDヴィッツチャレンジ”などが開催されています。

 

 

 

初代ヴィッツ(1999年~2005年)

 初代ヴィッツは1997年、東京モーターショーで参考出品されます。1999年、1月に日本で発売開始、ラインナップは1000ccのリッターカーのみでした。

 

 

 

日本カーオブザイヤーを受賞(プラッツ・ファンカーゴとともに)し、

さらには欧州カーオブザイヤーもあわせて受賞、その勢いはとどまりません。

上位陣の常連、カローラを抜き去り、国内外に大きな影響を与えました。

 

2000年には、スポーツグレード“RS”も発売されます。

また欧州では2003年にディーゼルターボエンジンも導入されました。

 

ほか、さまざまな特別仕様車、追加グレード車がうまれていきます。

 

・クラヴィア

・Dパッケージ ビューティフルセレクション

・Bエコパッケージ

・ラベンダーエディション

・スポーツエディション

・Uインテリジェントパッケージ

・NEOエディション

・カラーコーディネートパッケージ

 

 

 

二代目ヴィッツ(2005年~2010年)

二代目ヴィッツはプラットフォームを刷新し、

ボディサイズが一回り大きくなります。

全幅は1695mm、5ナンバーサイズぎりぎりいっぱいです。

安全面も大きく見直され、衝突安全性が大幅に向上します。

 

 

初代では3ドアの設定もありましたが、国内では廃止され5ドアのみになりました。

時代の流れなのか、今では3ドア車を見かけるのがめずらしくなりましたよね。

ただ海外仕様では引き続き3ドア車が設定されています。

 

日本人より体の大きい欧米人に、3ドアの需要をあるというのは、

国民性なのか、合理的な考えによるものなのか、何とも不思議な感じがします。

 

エンジンは以下のラインナップです。

  • 1.0L直列3気筒DOHC12バルブ1KR-FE型
  • 1.3L直列4気筒DOHC16バルブ2SZ-FE型
  • 4WD用の1.3L直列4気筒DOHC16バルブ2NZ-FE型
  • 1.5L直列4気筒ローラーロッカールーム式DOHC16バルブ1NZ-FE型

 

また欧州仕様では、1.8Lエンジン&1.4Lディーゼルエンジン、

中国仕様では1.6Lエンジンもあり、ご当地ごとのニーズに細かく応える構成になっています。

 

一部グレードには“スマートエントリー&スタートシステム”も設定されました。

これはスマートキーを携帯することでドアの施錠解錠が可能になり、

さらに今現在では主流のプッシュ型エンジンスイッチとのコンビになります。

 

このプッシュ型エンジンスイッチですが、あなどるなかれ、日本の中古車が海外に輸出される場合、

この装置がついているとないでは、リセールが大きく変わります。

海外のバイヤーは、プッシュスタートがついている車を好んで持っていきますので、

この知識は覚えておいて損はないでしょう。

 

 

 

三代目ヴィッツ(2010年~)

低燃費と高速走行の安定を実現した三代目ヴィッツ。

全長は先代よりも大きくなり、15年前に生産されていたターセル/カローラⅡとほぼ同じサイズになりました。

 

全幅は1695mmにおさえ、5ナンバーサイズを保っています。

引きつづき、日本仕様に3ドアはなく、

海外向けのみの設定になります。

 

 

ほか、諸々が見直され、より快適なコンパクトカーに生まれ変わりました。

たとえば前席には、ホールド性の高い新骨格シートを採用。

小型車の長時間運転は、疲れやすくなりがちですが、少しでも快適にドライブできるよう見直されました。

 

 

後席も全長の拡大により、足元のスペースが大きく確保されるようになりました。

センターメーターも標準的なアナログメーターに変更されています。

フロントガラスには高性能UV吸収材を使用したことで、

紫外線を99%カットした“スーパーUVカットガラス”が誕生しました。

手袋や日焼け止めを使った時と同等の効果が得られる、と言われていますから、

これは女性には嬉しい点ですよね。

 

 

スポーツタイプの“G’s”は“RS”をベースとして発売されました。

専用のバンパー・フロントグリル・大型マフラー・LEDビームなどを装備したのが特徴です。

ヘッドランプとリアコンビネーションランプはブラックバックが施されています。

走りの点でも足まわりやサスペンションなどが強化され、ハンドリング性能が高められました。

 

スポーツタイプといえば、2013年8月GAZOO Racingが“Vitz GRMN Turbo”を発表しました。

インターネットの予約注文限定で200台が販売されました。

 

 

2014年にマイナーチェンジ

フロントデザインはオーリスやSAIで馴染みの“キーンルック”を採用します。

ネッツエンブレムを中心にヘッドランプに向かうアッパーグリルモールのV字ラインに

開校を広くとったロアグリルを施しました。

 

それによりバンパーデザインを大きく張り出すことで、

ワイドで踏ん張り感のある力強いビューが表現されました。

(RSはグリルをメッシュタイプ使用にし、よりダイナミックさを強調)

ボディー色も追加と廃止がいくつかありました。

 

 

2015年6月、衝突回避支援パッケージ“Toyota  Safety Sense C”を搭載します。

これはトヨタのコンパクトカー用予防安全システムで、

カローラやフィールダー、アクシオ、オーリスなどの車種で採用されました。

 

レーダーレーザー、単眼カメラの2つのセンサーを用いて、

  1.  プリクラッシュセーフティー
  2. レーンディパーチャーアラート
  3. オートマチックハイビーム

の3つで構成されています。

 

世の風潮が大きく安全面の技術進歩、装備向上に向かっている時代です。

各メーカーがこぞって技術開発に努めている分野であります。

 

 

 

ヴィッツ 車名の由来

 “Vitz”は英語の“Vivid”(鮮やかな)とドイツ語の“Witz”(機知)を掛け合わせた造語になります。

 

日本国外では“YARIS”(ヤリス)の名称で発売されています。

こちらはギリシャ神話の“Charites”(カリス)美の女神の単数形からうまれた造語です。

 

なお初代においては、カナダ・オーストラリアでは“ECHO”、中国では”Vizi”を名乗っていましたが、

2代目以降からは全てヤリスハッチバックに統一されたようです。

ほかベルタ→初代ヤリスセダン、ファンカーゴ→ヤリスヴァーソを名乗っています。

 

 

ヴィッツのうつりかわり

2016年現在のヴィッツは“Cosual Colorful Compact”の冠で(3C)展開されています。

ニーズにこたえるため、カラーバリエーションは多彩に基本17色。

基本グレードは“F”,”U”,”Jewela”,”RS”の4グレード構成です。

 

ハイブリッドカーで培った技術で、1,3Lエンジンが低燃費のリッター25.0kmを達成、

エコカー減税にも対応した新時代の省エネエンジンが搭載されました。

 

1999年に発売されたヴィッツは、トヨタの世界戦略車として発信され、

多くの、特に女性のユーザーに支持されてきました。

デザイン、品質、安全性能、環境性能などの高さから、日本のみならず欧州でもコンパクト市場に大きな影響を与えた車として評価されました。(欧州カーオブザイヤー、日本カーオブザイヤともに受賞)

 

近年はダウンサイジング化がすすみ女性のみならず、

男性ユーザーがコンパクトカーに乗るケースも非常に増えてきています。

こうした背景から3代目ヴィッツは、以前までの丸みをおびた柔らかいスタイルから一新、

エッジのきいた躍動感、存在感のある車に生まれ変わったのです。

 

 

エコドライブ、楽しみながら実践する工夫

スピードメータ内に大型カラー液晶画面でエコ運転の目安になる情報がいろいろ表示されます。これはとてもおもしろい仕組みで、運転する楽しさ、節約する具体的な視覚情報を教えてくれます。

得点が出されるエコジャッジ、節約したガソリンを金額に換算するエコウオレット、過去のよい燃費を表わす燃費ランキングなどがあります。

 

こうしたら燃費がよくなる、とドライバーが楽しみながら学習でき、運転そのものが新鮮に感じられるのではないでしょうか。エコドライバーが増えることで、環境への貢献は大きくなっていくことでしょう。

 

 

 

ヴィッツを廃車処分しようとされる方へ

 

 

わたしたち、おもいでガレージでは、 

廃車にせずに再販をして次のステージへ、というコンセプトのもと、 
廃車寸前の車輌でも買取りさせていただいています。 

 

ヴィッツは国内・海外問わず世界的人気車種です。

そのため中古車市場でもまだまだ、そのコンセプトと使い勝手から人気を誇る車種であります。

 

人気車種のヴィッツであれば、車検をとったり、傷やへこみを修理したりすることで、 

再販への可能性が非常に高くなります。 

 

年式が古い、走行距離が多い、というだけで解体処分せずとも、 
ぜひ私たちにお売りいただき、リユースの一環としてお手伝いさせていただければと思います。

 

 

廃車引取・手続き・自動車税など

引取りは、東京・千葉・埼玉・神奈川と北関東の群馬・栃木・茨城の関東地方一帯でございます。 

もちろん無料で廃車引取りいたしております。 

 

お預かりしたお車は、すぐに一時抹消手続きを行いますので、その点もご安心ください。 

こちらの廃車手続きも全て費用はかかりません。 

 

また、同時に自動車税の還付手続きも行いますので、 
手続き完了の翌月分から税事務所より自動還付されます。 

 

ヴィッツを廃車買取の際は是非、”簡単・シンプルのおもいでガレージ”までよろしくお願い致します。

みなさまからのご用命をお待ちいたしております。

 

※画像、文献参照アクセラ-ウィキペディア、トヨタHP

 

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

 

『まだまだ乗れる愛車を、このままスクラップしてしまっていいのかな?』

そう考えたことはありませんか?

 

・まだまだ元気に走るんだよ!

・次もいい人に乗ってもらいたい!

  

私たちは大切なおクルマを簡単には廃車にせず、
次のステージで活躍する機会をつくっています。

 

中古車買取店で『値段はつかない』、『逆に廃車手数料がかかる』
と言われて廃車にするか迷っている方のお力になる道を提案しております。

 

買取り金額が車種ごとに決まっているからわかりやすい

 

 

 

 おもいでガレージの査定金額は、廃車価格表で一律決まっています。

 もちろんあなたがご負担する費用は一切ありません。

  

・廃車の引取り費用が無料!

・廃車の手続き費用も無料!

  

クルマや個人の情報を、いちいち入力して問い合わせしなくても、

かんたんに査定金額がわかるので、安心手間いらずですよね。

 

ぜひ一度、おもいでガレージの買取価格表をご覧になってみてください!

 

■■おもいでガレージ 今日の廃車価格表■■

 

廃車買取価格 一覧

【毎日更新】本日の買取価格表を見る

おもガレ 高価買取キャンペーン(2020ver)
SNSでフォロー
過去記事アーカイブ