廃車をスクラップ・廃車にする前に査定ゼロでも買取り

私たちの想い

「まだまだ乗れる愛車を、このままスクラップしてしまっていいのかな?」

そう考えたことはありませんか?

長く乗るほどに、クルマは身近な存在になり、子供と山や海に遊びにいったり、
夫婦で温泉旅行を楽しんだり、一人で峠をドライブしたり、
いろんな思い出がつもっていきます。

新車に乗り換えるから
もう古いから
査定がゼロだと言われたから
走行距離が何十万キロになったから
車検がきれているから
エンジンの調子が悪いから

さまざまな理由で、愛車との別れを決意する機会が訪れます。

そして、価値(値段)を付けることは難しいと判断されたなら、
その時は本当に廃車、スクラップするしか選択は無いのでしょうか。

まだまだ全然、元気に走るんだよ!
次もいい人に乗ってもらいたい!

そう思いながらも、泣く泣く廃車を選ばざるをえない、

「なんとか生かす方法はないのか?」

それが私たち「おもいでガレージ」の出発点でした。

たとえば、キズ凹みを板金して、
たとえば、調子の悪い箇所を整備して、
たとえば、世界に目をむけて、
様々な方法を模索して、次のステージへの可能性を探ります。

特に、世界市場に目をむけてみますと、
日本で不要になったものが、必要とする国で生きてきます。

これは、クルマだけに限らず、家電や衣服でも同じです。
日本の中古品は、品質が良い、丈夫で長持ちする、丁寧に扱われていた、
と世界中(特に東南アジアやアフリカなど新興国)で認められています。

「メイド・イン・ジャパン」から
「ユーズド・イン・ジャパン」へ。


長年連れ立ったクルマに、まだまだ走れるチャンスがあるのです。

誰かの役にたってほしい、
それをカタチにすることが、私たち「おもいでガレージ」の役割であり使命です。

大きくは循環型の社会貢献の一環として、
小さくはそれぞれのユーザー様の思いをのせて、
多くのバトンをつないでいきたいと考えています。

廃車買取価格 一覧

【毎日更新】本日の買取価格表を見る