廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

誕生は1769年! 自動車の歴史をみてみよう!

誕生は1769年! 自動車の歴史をみてみよう!

今の時代、車は生活するうえでなくてはならない乗り物になっています。

しかし、自動車の歴史というものは、意外と知らない人が多いようです。

いつ頃、どのように「車」は誕生したのでしょうか。


自動車の誕生

自動車の誕生は1769年、フランスのニコラ・ジョゼフ・キュニョー将校が、

蒸気で動く三輪自動車を発明したのが最初と言われています。


ヨーロッパでは、馬車が人や荷物を運んでいる時代です。

この頃、日本は江戸時代。

徳川家康が江戸幕府を開いた頃ですね。


この初めての自動車は、かなり大きくて重たい車体になっていたようで、

スピードは5km/hないし、10km/h以下というものでした。

そのため、操縦性が悪く、パリ市内での実験走行中に壁に激突してしまいました。

これが世界初の自動車事故と言われています。



このキュニョー将校がいなければ、自動車開発はもっと遅れていたかもしれません。

そしてその後は様々なメーカーによって生産されていくことになります。

しかし、この蒸気自動車は、ガソリンエンジンの発達によって、急速に姿を消していくことになります。




ガソリン自動車の誕生

今、最も主流になっているガソリン自動車が誕生したのはいつ頃なのでしょうか。

ドイツの発明家、ニコラス・オットーが「オットーサイクル」と言われる、

ガソリンエンジンの基礎になるエンジンを1876年に発明します。


その後、オットーのエンジンを改良したゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツが、

ガソリンエンジンを積んだ自動車を開発しました。

1885年~1886年頃とされています。

日本は明治時代ですね。



自動車の量産・普及へ

   

ガソリン自動車が誕生すると、改良と技術開発が行われ、驚くほどの進化を遂げていきました。

もちろん、この頃の自動車はとても高価なもので、所有できるのはごく一部の富裕層だったことでしょう。


1900年代の初めはまだ、蒸気自動車が主流でした。

そんな中、フランスのド・ディオン・ブートンが1500台ほどのガソリン自動車を販売しました。

ガソリン自動車の生産や販売でリードしたのは、実はフランスだったのです。


しかし、アメリカ人のヘンリー・フォードが生み出した「T型フォード」によって、

大衆化と普及を一気に進めることになったのです。


それまでの自動車は一台ずつ手作業で生産していたようですが、

1908年に発売された「T型フォード」の改良によって、

コンベアラインでの流れ作業での組み立てが可能になり、大量生産が確立していきます。



残念なことに、1927年には生産が終了してしまいますが、

総生産台数は1500万台以上となったのです。

今考えてもすごい台数だと思います。 

この「T型フォード」の発明により、自動車産業は大きく発展したといえるでしょう。




日本の自動車の歩み

   

日本で初めて作られたガソリン自動車は、タクリー号と呼ばれ、

1907年にオートモービル商会が作った乗用車だそうです。

“ガタクリガタクリ“と走る様子から、タクリー号という愛称がついたとか。

想像してみると可愛い感じがしますね。


その後、明治末期から自動車の国産化を数多く試みたものの、

なかなかうまくいかなかったようで、欧米との差は歴然だったのです。


1930年代の昭和に入ると、現在でも有名な自動車メーカーの前身となる、

ダットサン商会が設立されるのです。



数々の困難を乗り越えた自動車産業

1939年から1945年には第二次世界大戦が勃発します。

長い年月をかけて進化してきた自動車産業も一時は低迷してしまうのです。

代わりに軍事用の車両が多く生産されるようになり、この頃に軍用ジープが誕生しました。


戦後の日本はいうと、生産するための設備が大きな打撃を受けたり、

乗用車の生産も禁止されており、焼け跡を走るのは軍用のジープやアメリカの車ばかりでした。


1949年には生産禁止も解除されますが、まずは海外車両のノックダウン生産という形で再開されました。

その間も欧米の技術を学び、独自の開発を進めていきます。

欧米との差は大きかったとはいえ、1955年、ようやく純国産乗用車が誕生することになるのです。



まとめ

今では車がある生活は当たり前ですが、数々の困難を乗り越え、ここまで進化してきた自動車たち。

普段はあまり考えることもありませんが、こういった歴史を思うだけで、

今ある自動車への愛着が湧いてくる気がしませんか。



愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!


『まだまだ乗れる愛車を、このままスクラップしてしまっていいのかな?』

そう考えたことはありませんか?


・まだまだ元気に走るんだよ!

・次もいい人に乗ってもらいたい!


私たちは大切なおクルマを簡単には廃車にせず、
次のステージで活躍する機会をつくっています。


中古車買取店で『値段はつかない』、『逆に廃車手数料がかかる』
と言われて廃車にするか迷っている方のお力になる道を提案しております。


買取り金額が車種ごとに決まっているからわかりやすい



おもいでガレージの査定金額は、廃車価格表で一律決まっています。

もちろんあなたがご負担する費用は一切ありません。


・廃車の引取り費用が無料!

・廃車の手続き費用も無料!


クルマや個人の情報を、いちいち入力して問い合わせしなくても、

かんたんに査定金額がわかるので、安心手間いらずですよね。


ぜひ一度、おもいでガレージの買取価格表をご覧になってみてください!


■■おもいでガレージ 今日の廃車価格表■■

廃車買取価格 一覧

【毎日更新】本日の買取価格表を見る