高価買取中

あと6日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

狙われるのは? 2位ハイエース 1位は・・盗難車ワーストランキング10

防犯
公開日: 2017.06.14 / 最終更新日: 2020.05.29
 

自分のクルマって盗まれやすい車種なのかな?

 

こんな疑問を持ったことはありませんか?

どれだけセキュリティが発達した現代においても、クルマの盗難はいっこうになくなる気配がありません。それどころか国際的な盗難シンジゲートがつぎつぎと形成されているのが現状で、今日もどこかで誰かの愛車が盗まれているのです。

 

とくに彼らにとって需要があるもの、お金になるものは率先して盗まれます。つまり狙われるクルマが決まっているのです。

盗まれたクルマは、足がつかないよう海外に運ばれたり、部品にバラして売られたりします。そうなるともはや見つけることは困難ですよね。残念ながら泣き寝入りするよりほかはありません。

 

私のクルマはどうだろう?

そう感じたあなたに、ぜひこの記事を読んでいただき、ご自分の愛車のリスク度をはかっていただきたいと思います。もちろんこの統計にのっていないからといって100%安全とは言い切れません。

どんなクルマにもリスクはある、ということをご理解のうえで読み進めていただければ幸いです。

 

 

全国で1年間に盗まれる台数

平成28年に警察に届けだされた車両盗難の件数は、なんと11655台にものぼります。

これは1日に換算すると32台、1時間で1.3台。こんなにも日常的にクルマは盗まれているのですから驚きですよね。

 

年度 鍵かけた 鍵かけない 合計
平成26年度 11,825 4,279 16,104
平成27年度 10,298 3,523 13,821
平成28年度 8,530 3,125 11,655

(参照 警視庁統計)

 

ついうっかりして、カギをさしっぱなしにしていたから盗難にあった、というわけではありません。半数以上がきちんとキーロックをしていたにもかかわらず盗まれています。

 

ちなみに10年前の平成18年には、年間被害数が36000台もありました。今の3倍の被害件数ですね。

この理由としては以下のようなことが考えられます。

  • 警察による検挙率のアップ
  • 自動車メーカーのセキュリティ技術の向上
  • ユーザーの防犯意識の高まり
  • イモビライザー搭載のモデルが増加

 

数字だけを見ると減少傾向が見てとれます。しかしそれがはたして安心材料につながるのでしょうか。依然として年間に10000台以上が盗まれているのです。

 

カギをかけてもかけなくても、狙われたクルマは盗まれる

その数は全国で年間10000台以上

 

 

盗難車ワーストランキング

それでは、実際にどんなクルマが盗まれるか見ていきましょう

 

この統計は日本損害保険協会がまとめたものを参照しています。数字はすべて保険金が支払われた件数でカウントしています。

 

車両保険に加入していない車の盗難や、保険金が支払われない案件は対象になっていないので注意してください。また見方を変えれば、盗難されている実数はこの何倍もの可能性があるといえます。

 

盗難車10位から4位まで

順位 車種 メーカー 比率
10位 スカイライン 日産 2.0%
9位 カローラ トヨタ 2.3%
8位 アルファード トヨタ 2.3%
7位 クラウン トヨタ 4.0%
6位 インプレッサ スバル 4.7%
5位 レクサス トヨタ 5.3%
4位 アクア トヨタ 9.0%

お気づきの方もいると思いますが、圧倒的にトヨタ車が多いです。

それでは引き続き、第3位からみてましょう。

 

盗難車3位 ランドクルーザー【トヨタ】9.3%

ランドクルーザー

 

『King of SUV』と呼ばれるランドクルーザーは世界に認められた最高峰のRV車です。しかしそのネームバリューもさることながら、走行性、安定感、高級感あるインテリアなど、車両性能の点でも群を抜いています。

 

さらに過酷なロードを走破する設計にトヨタが全精力をかけ徹底してつくりこんでいるため、『壊れにくいクルマ、頑丈なクルマ』としても幅ひろく世界に認知されています。

 

ではなぜランクルが盗まれるのか?

かんたんにその流れをお伝えしますと、

 

トヨタのランクルは最高だ!

   ↓

しかも壊れにくいぞ

   ↓

道が舗装されていない地域、砂漠地帯、中東やアフリカで特に人気がでる

   ↓

高価なクルマなので手に入りづらい

   ↓

日本で盗み海外に輸出

   ↓

飛ぶように売れる

   ↓

金になるのでバイヤーは儲かる

   ↓

もっと盗む

 

オーストラリア、アフリカ、サウジアラビア、アラブなど世界中で人気のランドクルーザーは、皮肉なことにそのブランド力から長きにわたって盗難車の統計で上位に入ってしまいます。

 

そうなると、大変なのが全国のランクルオーナーですよね。このモデルが盗まれやすいことはあまりに有名なので、あらゆるセキュリティ対策を施します。しかし、それでも盗まれてしまうのがランドクルーザーなのです。

 

ちなみにランドクルーザーは量販車ではありません。したがって全国の登録台数の割合から考えると、盗難率では第1位になるといわれています。

 

圧倒的なブランドゆえにランクルはいつの世も盗まれる

 

 

 

盗難車2位 ハイエース【トヨタ】14.3%

ハイエース

 

2007年から7年連続でワースト1位だったハイエース。2位にはなりましたが、依然として盗難されるリスクの高いクルマです。

 

荷物がつめる、耐久性にすぐれている、使い勝手がよい、海外でも圧倒的な需要と人気です。

そもそも発展途上国を中心に、日本の中古車は爆発的に人気があります。むかしメイド・イン・ジャパンという言葉が流行りましたが、今ではユーズド・イン・ジャパンという言葉があらたに生まれるほどなのです。

 

バンやトラックは会社の看板などをボディによくペイントして街中を走っていますよね。実は海外に運ばれてもそれを消すことはありません。日本語で書いてある看板をわざわざ残して、日本車であることをアピールするのです。

 

平成24年、あまりのハイエースの盗難の多さから、いよいよメーカー側でも対策をうつことになりました。そこで採用されたのが、バンタイプでは珍しい”イモビライザー全社標準装備”です。

 

イモビライザーについて詳しく知りたい方はコチラ

▶ イモビライザーとは何ですか?その仕組みと自分で判別する方法!

 

ハイエースの盗難? あれはもうお金が走っているようなもの

自動車ジャーナリスト 小沢コージ氏

 

 

盗難車1位 プリウス【トヨタ】19.7%

プリウス

盗難件数1位はトヨタのプリウスです。3年連続の結果になりました。

世界的にひろがるハイブリッド需要、低燃費、静粛性、さらにハリウッドスターがこぞってプリウスオーナーになった経緯など、人気の理由はいくつあげても足りないくらいです。

 

またプリウスのバッテリー交換費用は50万円と高額なことから、車上荒らしのリスクも避けられません。これは日本にかぎらずアメリカなどでも問題視され、日常的にバッテリーが盗まれる事件が多発しているようです。

 

新車の登録台数がハイエースやランドクルーザーに比べ多いことや、車両保険の加入率が高いなどの背景から、厳密に1位かどうかは議論がわかれるところでしょう。しかし盗まれている事実にかわりはなく、1位も2位も3位もたいして変わらない気が筆者はします。

 

 プリウスの世界的ヒット 人気があるから盗まれる

 

 

 

まとめ 盗難車の数だけ被害者がいること

盗難車ランキングまとめ

 

いかがでしたか。盗まれやすいモデルにあなたのクルマは該当していたでしょうか。

統計を見るとトヨタ車ばかりが目立っていて驚いてしまいますよね。しかし、ではたとえば軽自動車なら盗まれないのか?というとそんなことは全くありません。

 

トヨタ車が盗難で目立つのは、海外に輸出されてしまうからです。国内に目を向けると、他メーカーでも軽自動車でも、分け隔てなく盗まれているのが現状です。

そして忘れてはいけないのが、盗難件数の数だけ愛車を盗まれ心に傷をおった被害者がいるということです。盗まれた方々もけっして、セキュリティをおろそかにしていたわけではないでしょう。しかしそれでも盗まれてしまうのです。

 

次の犠牲者にあなたがならないためにも、しっかりと防犯の対策をしていくことが大切ですよね。今日から愛車のセキュリティ、駐車場の防犯体制、車両保険の見直しなど、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

車の処分でお困りの方は『廃車買取おもいでガレージ』へ!

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

 

 

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ