高価買取中

あと4日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

何が違うの? キセノンとHIDとディスチャージと

ヘッドライト
公開日: 2016.04.14 / 最終更新日: 2020.06.01

車のヘッドライト。

いろいろな呼び方があって、ややこしくありませんか?本職のクルマ屋さんでさえ混同してしまいそうになります。まして素人?の方には違いがわからない方も多いのでは。

 

キセノンヘッドライト。

HIDヘッドランプ。

ディスチャージライト。

 

昔はハロゲン(白熱電球)ばかりでしたので、明るさは一緒でした。オレンジ系色のあれです。それが最近ではカタログに目を通すと、前述の3様ライトが標準であったりオプションであったりと登場します。

 

一体どれが1番明るいのか。

高価なもの、安価なものは。

総合的にお勧めはどれか。

というか自分のクルマについているのは何なのか。

 

 

ではいきなりですが、結論を発表します。

 

正解はどれも一緒なんです!

 

メーカーによって呼び方が違うだけで、実際は同じものになります。すべて“高輝度放電装置”というものになります。

 

おもいでガレージ

 

キセノンライトの始まり

世界で初めて実用化されたのは1991年に登場したBMW7シリーズです。日本の乗用車では1996年に日産テラノが設定されました。

 

その他、鉄道でも1996年に東武鉄道やJR東日本が本格的に採用を開始したそうです。

 

従来使用されていたハロゲンランプは、家庭用のものと同じ仕組みで、バルブ内のフィラメントに通電する熱で点灯します。

 

これに対し、ディスチャージヘッドランプは、キセノンガス、水銀、ヨウ化金属などを封入したバルブ内の電極間の放電で点灯します。ネオン管や家庭用の蛍光灯と同じような感じです。

 

ところでディスチャージライトって、はじめに青白い光がぼわ~と点き、その後白っぽく点灯しますよね。バルブ内のヨウ化金属が固形であるため、白色が遅れて機能するためだそうです。

 

光が安定するまでこのぼわ~とした状態が数秒続きます。またハロゲンに比べると、明るく、さらに消費電力が低いため発熱も少ないのが特徴です。

 

 

出始めの頃は、趣味性の高いスポーツタイプのクルマや、大型トラックの一部に用いられるのみでした。それが、長距離トラックや夜行バスなどで重宝されていきました。その視認性から、安全面を考慮されての積極採用だったようです。

 

そして当時はとにかく高価でした。乗用車にも普及され、新たにオプションで選ぶにしても、高いがゆえに手がでない。欲しいけれど、緊急を用するわけではないし、ということで二の次になってしまう、そんな状況だったようです。

 

しかし、一度その明るさを経験してしまうと、夜間の運転が非常にラクになります。じょじょに普及が広まっていき、さらに量産体制からのコストダウンが追い風となり、今ではワンボックスや軽自動車までにひろがっていきました。

 

筆者もディスチャージライトに慣れてしまったせいか、たまにハロゲンライトのクルマに乗ると、目に不便を感じてしまいます。

 

 

ヘッドライトの使い分け

 

一方で、寒冷地のユーザーはハロゲンを選ぶ方も少なくないのですが、その理由は分かりますでしょうか。

これは、白熱電球の方が熱を多く発するからであります。

 

逆にディスチャージヘッドランプは発熱量が少ないです。すると降雪時、積雪時にはレンズ面に付着した雪が、風で凍ってしまう場合があるのです。

 

照射範囲が狭まると視認性が低下し、安全面が確保しにくくなります。それぞれのメリットとデメリットによって、地域によって使い分けられているというわけです。

 

 

ちなみに、ハイビームとロービームに別れた4灯式では次のような問題があります。通常、すれ違い時やパッシングを行う時はハイビームを使用します。

 

しかしディスチャージは完全点灯に時間が数秒かかります、ということは、、、つまり、間に合いません。ですから、ハイビームは即効性のあるハロゲンランプ、ロービームは明るいディスチャージヘッドランプ、というようにその性質上設定されるのが一般的なようです。

 

 

 

まとめ

このような特徴がある、ディスチャージ・キセノン・HIDですが、最近ではLEDヘッドライトなども耳にするようになってきました。これからも技術の発展にともなって、便利で安全性・視認性の高いライトがうまれていくのでしょうね。

 

廃車買取おもいでガレージにご用命いただいたあと、代替えをご予定の方は、是非、新しいクルマのライトを気になさってみてください!

 

                          

 愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

 

おもいでガレージ

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ