高価買取中

あと8日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

冠水車はどうする?水没した車の修理や保険、廃車についての注意点

廃車水没車
公開日: 2016.07.05 / 最終更新日: 2020.05.30

最近ではゲリラ豪雨や巨大台風など、大雨による浸水被害がよくニュースに取り上げられています。浸水被害と聞くと思い浮かぶのは土地や建物ですが、車にも被害が及ぶ可能性が高いです。

 

もし自分の車が冠水してしまったときに、修理はできるのか、

保険が適用されるのか、不安に思う方は多いでしょう。

そこで今回は水没した車の修理や保険、廃車についての注意点をご紹介します。

 

 

 

「車両保険」に加入しているか

水没した車を修理するときに、ほとんどの場合は保険を使用することが可能です。保険に加入しているか、いないかによって修理時の費用は格段に変わります。

しかし、自動車保険に加入しても「車両保険」に加入していないと保険金が出ないことをご存じでしょうか。

 

保険には事故で第三者を死傷させたり、ものを壊したりした場合の対人・対物補償と、運転者や同乗者が死傷した場合の搭乗者傷害補償、そして事故で車が壊れた場合の車両保証「車両保険」があります。車両保険に加入していれば、水没した車の修理代金を補償してもらうことが可能です。

しかし、車両保険の加入者は任意保険加入者全体の約4割と少ないため、一度ご自身が車両保険に加入しているかどうかを確認しておきましょう。

 

また通常、事故などにより保険金を請求すると3等級ダウンし割引率が下がりますが、水没による車の損害は1等級のダウンだけで済みます。そのため、他の事故などによる保険請求よりも利用しやすいことが特徴です。

 

ただし、補償される金額は、加入している保険の内容により異なり、修理代金のすべてを賄えない場合もあるため、車の被害状況と合わせて慎重に検討する必要があります。

 

水没した車を修理するときの基準と保険金

水没した車を修理するかどうか判断するのは、素人には難しいものです。水没した車を修理するときの基準は、車がどの部分まで水に浸かったかが重要になります。

一般的には、マフラーの排気口、バンパーの下面あたりまで水が浸水していると、車が停止する可能性があるため、修理は難しいとされています。

 

また、どこまで水に浸かったかによって修理時の車両保険金も変わってきます。しかし、車が全損の場合でも、保険金をもらうことは可能のため、車両保険金を元に車を修理するか、破棄するかを検討するのも良いでしょう。車両保険金の目安は以下の通りです。

 

【シートの上まで水に浸かった場合】

50万円~車両保険金100%(全損)で、保険金が支払われる可能性があります。

 

 

【シートの下まで水に浸かった場合】

25万円~車両保険90%程の保険金が支払われる可能性があります。

 

【フロアーカーペットまで水に浸かった場合】

5万円~車両保険80%程の保険金が支払われる可能性があります。

 

 

なにより修理を考える際は、できるだけ早く決断する必要があります。早く決断することで車への被害の拡大や修理費を削減できる可能性があるからです。ただし、早く決断しすぎて間違った判断をしてしまうことがあるため、1度修理会社に相談してみることをおすすめします。

 

水没した車を廃車するときは、どこに頼むか

修理が難しいときや、修理費を保険で支払うことが難しいときには、車を処分するのが最適ですが、水没した車の廃車費用は、依頼する業者によって変わってきます。

 

通常廃車にする場合には、その車を買ったディーラーや普段車検などの整備をお願いしている整備業者に依頼します。

この場合には動かなくなった車を運ぶための「レッカー代」、車を廃車手続きするための「廃車代行手数料」などの費用が発生します。

 

 

また、水没した車の買取を行う業者もあります。このような業者は、車を運ぶレッカー代や、廃車代行手数料などの費用が発生しない場合があり、車を持ち込めばお金がキャッシュバックされるなどお得です。

廃車を検討する際には、一度買取業者に相談してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は水没した車の修理や保険、廃車についての注意点をご紹介してきました。ゲリラ豪雨や巨大台風はいつどこで遭遇するかわからず、車の水没は他人事ではない身近なものです。

 

もし災害により車が水没してしまったときには、今回ご紹介した内容を参考にして、うまく対処するようにしてください。

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

 

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ