廃車引取り・手続きなど廃車処分のことなら【廃車買取おもいでガレージ】

知って役立つ!廃車買取の豆知識

気をつけよう!バッテリーあがりとその対策

廃車バッテリー
公開日: 2016.04.09 / 最終更新日: 2020.06.01

クルマに乗ろうとエンジンをかけたら、

あれ!かからない・・ 
昨日までは普通にかかっていたのに! 

身近に起きそうなクルマのトラブルですよね。 原因で一番多いのは、バッテリーあがりだそうです。

 

そもそも車が走るためには、ガソリンだけでなく電気も必要になります。走行中(エンジン始動中)は車が自分で電気をつくり、そしてその電気を貯めておく所がバッテリーです。電気は使えば消費されます。その電気を補充してくれる元となるのがエンジン、という仕組みです。

 

ですから、例えばエンジンを止めてオーディオを聞きエアコンをつけると、充電しない状態で電力を使うわけで、それだけバッテリー内の電気が減っていくことになります。

 

JAFロードサービスよる”クルマの電気消費量調べ”によりますと、1番消費が大きいのはエアコンだそうです。比較的、夏場冬場にバッテリー上がりが多いのもうなずけます。次いでブレーキランプ、熱線(リアデフォッガー)、ヘッドライト、ワイパーの順になります。 

 

バッテリーはもちろん走行中に充電されますが、消耗品でありますから、使用頻度が高まるにつれ消耗、劣化していきます。上手に活用しても3~4年くらいが寿命と言われています。

 

おもいでガレージ

 

しまった! うっかりミスでバッテリーがあがった・・

また人的うっかりミスによるバッテリーあがり、これも見逃せない要因です。 
というかむしろこちらの方が多数かもしれませんね。 多いのはやはりライトの消し忘れでしょう。夜間走行の後は、しっかり確認して降りたいものです。

 

もう一つ、半ドアによるものも多いそうです。ただ最近はオートクロージャー機能のついたスライドドア、バックドアが主流ですから、昔に比べるとだいぶ減ってきているようです。 

 

 

いざバッテリートラブルに遭遇してしまったら

さて、実際このようなトラブルに遭遇してしまった場合、どのように対処するべきなのでしょう。 

ぱっと頭に浮かぶ一般的なものは、赤と黒のコードが目印のブースターケーブルです。 
これを他の車とつなげると、電気が伝わりエンジンを始動させることができます。 
万が一に備え、ブースターケーブルは車に積んでおきましょう。 

その方法ですが、2台ともエンジンを切り以下の順番でつなぎます 

 

 

 

  1. 赤のケーブルを故障車の+端子に接続 
  2. もう片方を救援車の+端子に接続
  3. 黒のケーブルを救援車の-端子に接続 
  4. もう片方を故障車の-端子もしくはエンジンブロックに接続 

 

寿命を迎えていない限り、たいがいこれでかかります。 
しかし素人には多少の危険もともないますので、正しい知識が無いと少し恐いです。

 

お手軽なジャンプスターター

他にはジャンプスターターを活用する方法があります。 ブースターケーブルをつなぐやり方では、もう1台クルマが必要になりますが、こちらの方法では、自分のみで解決できます。 

携帯用のジャンプスターターはカー用品店などで市販されています。最近は小型で携帯可能な優れものがどんどん出てきています。筆者も1台持っており、重宝しております。転ばぬ先の杖、愛車に1つ積んでおくだけで安心感がありますよね。

 

そうそうタイミングよく救援車が隣にあるシチュエーションは少ないかもしれません。操作も簡単で意外とコンパクトな見かけによらず、ハイパワーなジャンプスターターはとても便利です。 

 

JAFに救援を!

またJAFに救援をお願いする、という方法もあります。統計によりますと、年間80万件も救援依頼があるそうです。1日に換算しても何千件と、すごい件数です。ただし会員ではないともちろん有料で1万円以上の出費になります。

 

いずれにせよ急いでいる時ほど、大事な用がある時ほど、なぜかこのようなトラブルに見舞われます。あまり運転をする機会がない、1年に数回ほどという方でも、折を見てエンジンをかけましょう。 バッテリーは放っておいても、少しづつ放電しています。

 
気付いたら空になっていた、というケースも多いようです。 
アイドリングを定期的に行うことで、電気を充電しバッテリー上がりから回避できる確率もあがります。 

 

まとめ  ~快適なカーライフを~

快適なカーライフを過ごすためにも、無用なトラブルは避けたいものです。

備えあれば憂いなし、筆者のおすすめは最近話題のジャンプスターターです。

他者の手を借りず自己解決できる、手間や時間がかからない、簡単である、小型で場所をとらないと、素人にはいいことづくめです。

 

もちろん予防としての正しいクルマのメンテナンスも大切です。

 

廃車買取おもいでガレージでは、不動車でもバッテリーあがりのクルマはお引き取り可能です。

もう廃車しかないとあきらめていた方も、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
初度年式
走行距離
車検の
有効期間
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
備考欄
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
初度年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
車検の有無は問いません
  • 街中を走行できる
  • エンジンはかかるが街中の走行は厳しい
  • バッテリーがあがって動かない
  • 不動車
  • 事故車
  • 長期放置(3年以上動かしていない)
  • 水没車
年式は初年度(車検証の初度登録)をお選びください
  • 令和3年
  • 令和2年
  • 平成31年
  • 平成30年
  • 平成29年
  • 平成28年
  • 平成27年
  • 平成26年
  • 平成25年
  • 平成24年
  • 平成23年
  • 平成22年
  • 平成21年
  • 平成20年
  • 平成19年
  • 平成18年
  • 平成17年
  • 平成16年
  • 平成15年
  • 平成14年
  • 平成13年
  • 平成12年
  • 平成11年
  • 平成10年
  • 平成9年
  • 平成8年
  • 平成7年
  • 平成6年
  • 平成5年
  • 平成4年
  • 平成3年
  • 平成2年
  • 平成1年
  • 昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和3年
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和5年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

 

おもいでガレージ

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ