高価買取中

あと8日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

率直な疑問!放置された車のガソリンって腐るのかな?

廃車ガソリン
公開日: 2016.04.13 / 最終更新日: 2020.06.01

エンジンかかるかな?

長期間、車を動かしていないと、頭に不安がよぎります。1か月や2カ月ならまだしも、1年、2年ともなるとかなりの確率で嫌な予感が的中してしまいそうです。

 

まずバッテリーの心配をするのでしょうが、こちらは最悪の場合、交換すればよいか、と考えます。次に浮かんできそうなのが、ガソリンではないでしょうか。

腐ってないよね、と。

果たして、ガソリンは腐るのでしょうか?

 

 

これはどうやら表現の問題のようです。厳密に言うと、ガソリンは腐りません。しかし状態としては、古くなると変色して強烈に臭くキツい匂いを放つようになります。

 

もともとのガソリンの色はオレンジに近いです。それが第一段階で緑に変色。そこからさらに経過すると、ドロドロのオイル状態になり、最終的には硬く樹脂のようになります。ほとんど“腐っている“と言ってしまってよいかとも思うのですが、この場合”劣化する“が適切な使い方になるようです。

 

 

おもいでガレージ

 

ガソリンの寿命

ではいったいガソリンはどのくらい寿命があるのでしょう。

 

一般的には半年くらいが相場といわれています。ただしこれは保存状態(湿度・水分・空気・光など)に左右されるようで、状態が良ければ3年くらいもったという例もあります。

 

ということは、車を放置したままそのような期間がたっていたら、まずアウトと思ってまちがいなさそうです。バッテリー、タイヤの空気圧、ガソリンなど寿命のある部位は、何らかの処置を施さないと再び動かすことは厳しいです。どれか一つを見直せば良いというわけではなく、複合的な要因でダメになっている可能性が高そうです。

 

ガソリンの状態を確かめるにはどうするばよいでしょうか。車のタンクに入っているため、色を見るわけにはいきません。しかしキャップを開ければヘドロのような強烈な悪臭がしますから、確認も何も、何が起きているかすぐに理解する、という声が多いようです。

 

ガソリンの劣化

なぜガソリンは劣化してしまうのか。

どんな物質も腐敗や腐食、劣化、消耗は基本するのが当たり前ですから、この疑問は少々おかしいかもしれませんね。永遠に保持し続ける方が不思議です。

 

ガソリンが劣化してしまう原因は何か。

まず酸化してしまいます。燃料タンク内には当然空気も含まれています。中の空気の量はガソリンの量と反比例しますので、酸化の速度はいちがいには言えませんが、なにしろ酸化が進行していきます。

 

それから、揮発成分が抜けていきます。(揮発とは、液体が常温で気体となって発散することを指します。)燃料タンクのキャップの隙間から少しずつ揮発性の高い成分が漏れてしまいます。

これはきつく締めても完全に密閉することは出来ません。

 

 

 

古いガソリンのリスク 

劣化したガソリンを使うとどうなるか。

そのように腐敗したドロドロのガソリンが、エンジン内を循環するのです。想像すれば、何が起きそうか分かりそうなものですよね。専門的に何が起きるかはともかく、故障してどこか壊れるなと。

 

サラサラではなく液体と固体が混ざったようなドロドロ状態ですから、人間の血液同様けっしてよろしくないことです。どこかが詰まるわけです。

 

 

このような状況に遭遇した場合、自分で何とかしようとするのは(例えばその場で捨てる、など)やめた方が良さそうです。

気化したガソリンは引火する危険性があります。

 

専門の業者さんにお願いして、劣化したガソリンを抜いてもらうなり、何らかの処理をしてもらいましょう。

 

もちろんそのまま運転するのも、故障の原因につながりますから、避けた方が無難です。

 

あまり車に乗る機会がない方は、ガソリンが劣化しないように常時備蓄をしておこう、と考えるかもしれません。(備蓄にはいくつかの決めごとがあります。金属製容器を使用する事であったり、個人で持てる量に上限があったりです)

 

しかしそれはあまりお勧めできません。やはり火の元に万全の注意を払わなくてはなりませんし、それでいて災害などに巻き込まれてしまえば、2次災害を誘発する恐れもあります。

 

ガソリンの備蓄はなるべく控えるよう、消防署HPでも謳っているのです。

 

まとめ

ガソリンの劣化が発覚したら、リスクを考慮し無理をせず専門の業者さんに頼むのがベストの選択だといえそうです。

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和5年
  • 1月

 

 おもいでガレージ

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ