高価買取中

あと3日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

意外に知らない!?タイヤの処分にまつわるお話し

タイヤ
公開日: 2016.04.12 / 最終更新日: 2020.06.01

みなさんは使い古したタイヤ、使い道の無くなったタイヤをどうされていますか?

きとんと適正に処理されているでしょうか。4輪自動車1台に対してタイヤは4つ。溝の摩耗にともなう代替え、あるいは冬用タイヤ常備などを含めると、これまでに複数のタイヤを使用されてきているかもしれませんね。

 

こういった乗用車やトラック、バスなどに使用され、摩耗し、廃棄されていくものを一般に廃タイヤと呼んでいます。

 

この廃タイヤは、消費者や事業者、自治体から主にタイヤ販売店などに回収され、その後廃タイヤ処理事業社を経由してさまざまなリサイクルが行われます。

 

おもいでガレージ

 

廃タイヤの不適切な処理から

 

ではそれらのタイヤを例えば放置したり、不法投棄したりするとどうなるか。私たちをとりまく環境に、少なからず悪影響を与えることは容易に想像できますよね。

 

タイヤの内側に雨水などで溜まってしまう水。

そこからは悪臭が発生します。。

さらにご存じでしょうか。

その水に蚊が産卵すると、大量発生の原因にもつながってしまいます。

また、山積みにされたタイヤが自然発火するなどの事故も報告されているのです。

 

そもそもタイヤは臭りにくく、いつまでもそのままの形で残り続けます。山林などに捨てられた乗用車、時がたち外装やシートなどが腐敗していっても、なんとタイヤだけは浸食されずにほぼ原形をとどめ続けます。

 

不適切な放置は、深刻な環境問題へとつながっていきます。やはりカーディーラーや廃車業者などに、きちんと相談のうえ処分してもらう必要があります。

 

廃タイヤをリサイクル

 

年間でどのくらいの量のタイヤが処分されているのか、みなさん想像がつきますでしょうか。

(ちなみに、タイヤの溝が1.6ミリをきると車検に通りません。)

 

日本国内だけで廃タイヤの総発生本数は9400万本だそうです!

驚きですね。重量にして約100万トンにもなります。

 

 

 

 

ではそれらのタイヤはどのように処分されているのでしょうか。国内のタイヤのリサイクル率は90%ほどだそうです。回収されたタイヤの多くは専門の廃タイヤ処理業者に引き取られます。

 

そして、おおよそ3つの方法に振り分けられます。

一つ目は原型利用です。これはリユース、つまり再利用になります。加工処理を施し中古(再生)タイヤとしてもう一度生まれ変わります。

 

日本国内にとどまらず、海外へと輸出される場合もあります。というよりは、ほとんどが海を渡るようです。日本の加工技術は海外でも注目されていますから需要も高いのですね。

 

さらに公園などでタイヤを組みこんだ遊具を見かけたことはありませんか?そういった用途にも再利用されています。

 

2つ目は加工利用です。

マテリアルリサイクルとも呼ばれています。こちらは使用済のタイヤからゴムなどを原料として再利用していきます。再生ゴムや歩道舗装材、製紙などに使われるようです。

 

3つ目はエネルギー利用です。

タイヤを細かく裁断したものをタイヤチップといいます。このタイヤチップは高い発熱量を持ち、エネルギー資源としても注目されています。それらを石炭などと組み合わせることにより、環境に優しい発電システムがうまれます。

 

ほか、廃タイヤをセメントや製鉄工場の高炉に投入すると、資源として生まれかわります。タイヤに含まれるスチールコード類も鉄原料として再生タイヤの需要が高い国へと輸出されるのです。

 

 

まとめ 

 

このように、タイヤは寿命を迎えたからといって、そのまま役割を終えるわけではありません。

形をかえては再利用され、私たちの社会に大きく循環されていくのです。

直接的に私たちができることはありませんが、その専門の窓口に依頼することにより、

その方たちが、環境を守る適切な処理をしてくれます。

 

もちろん、廃車買取おもいでガレージでもその窓口の窓口を担っています。

いらなくなったタイヤは車内に積みこんで頂いて構いませんので安心してください。

そのバトンを次の処理業者さんへ確実にお渡しします。

 

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

 

おもいでガレージ

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ