タイムセール中!

あと1日!

価格表プラスさらに!

¥10,000

今だけ!価格表の買取額からさらに【+10000円アップ!】で超高価買取!!   ご予約お急ぎください!(軽自動車をのぞく)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

後で泣かない!廃車のトラブルを回避するために事前に知っておくべきこと

廃車廃車手続き
公開日: 2019.09.16 / 最終更新日: 2019.10.09
”廃車をしよう!”
 
そう思いたっても、実際には経験したことがないため、何をどうしたらいいか、わからない方が多いのではないでしょうか。
 
まして耳なじみのない廃車業者に依頼をするとなると、はたしてどんなメリットと、そこに潜むリスクがあるのか、全く想像がつかないかもしれませんね。
 
たしかに廃車業者は、車の引取りから抹消手続きまで、全て代行しておこなってくれますから、初心者の方には心強い味方でしょう。さらに費用はかからず、0円以上で買取してくれる業者がほとんどです。
 
そんなありがたい存在から、全てを丸投げしてしまう方が多いのも事実です。しかし、業者のいう事を一から十まで鵜呑みにするのも考えものです。少なからず、トラブル事例も確認されていますから、依頼者はよく注意して判断することが大切になってきます。
 
 
 
どういった状況で廃車のトラブルが発生するのか?
 
廃車トラブルの知識や事例を知っているのといないのでは、後々大きな差が生じるかもしれません。なにより得られる安心感が変わってきます。
 
そこでこの記事では、今まで廃車手続きを経験したことがない方でも、スムーズに取引できるように、わかりやすくシンプルにお伝えしていきます。
 
後悔しないためにも、しっかりと廃車のツボをつかんでいただき、安心納得のお取引ができるようご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。
 
 
 

料金の廃車トラブル

 

最終的にいくら手元に残るのか?

 
『15000円で買取ります』
 
そう伝えられたからといって、本当に15000円で買取してくれるのでしょうか。
 
え?15000円で買取ると言っているのだから、そのままの金額じゃないの? と普通なら思ってしまいますよね。実はここに、廃車手続き一つ目の落とし穴があります。
 
まず、15000円とは車両本体の買取額とお考えください。しかしここにはまだ費用の言及がありません。あくまでも、あなたの車の金額は15000円ですよ、というニュアンスでの表現です。
 
早とちりして、この業者は15000円で買取ってくれるんだな、と思い込まないようにしましょう。だいたいこの先に続きがあります。
 
そして、この先にかかる費用などを確認しなかったために、後から支払わなくてはならない費用を請求されたりします。結果として、いくらかのお金を支払うことになった、など、廃車トラブルの原因の元がここに潜んでいます。
 
必ず最終的な手元に残るお金(イコール 決定買取額)を確認することが大切になってきます。
 
 
プラスマイナスする要素としては一般的に以下のものがあります。
 
【お金がかかる費用】
・引取り費用
・レッカー費用
・査定費用
・陸運局での手続き費用
・所有権解除の費用
・書類遅延による車両の保管料
 
【お金がもどる還付金】
・自動車税の還付
・自賠責保険の解約金
・重量税の還付
 
 
 
お金がかかる費用については、この他にも○○費用と称してさまざまなものがあります。 もちろんこれらを全て請求されるわけではありません。いちいち細かく算出していたら非常に大変な作業になってしまいます。 
 
そこでよく使われるのが”相殺”という言葉です。
これはかんたんに言いますと、すべて足したり引いたりしたうえでの最終金額という意味です。
 
『お客さまの査定額は、車両代からもろもろかかる費用と、還付されるお金を相殺しまして、15000円でございます』
 
このように使われます。実際にこの15000円の内訳は業者の数だけ、解釈があると考えたほうかいいでしょう。
 
言いかたを変えると、要は”コミコミ”です。細かく算出はしませんが、コミで15000円でどうでしょう?というニュアンスですね。
 
このように相殺でも、コミコミでもいいのですが、最終金額を提示してくれる廃車業者は優良で信頼できます。重要なのは、手元に残るお金を、はじめに伝えてくれたかどうか、です。後出しジャンケンにように、契約が済んでから費用面をつけ足してくるような廃車業者は要注意です。というより、リスクしかないので契約は結ばないほうか賢明でしょう。
 
 
 

当日に現車を見て減額される廃車トラブル

 
はじめに”手元に残るお金”を伝えられたからといっても、まだ安心はできません。引取り当日に減車を確認してから、減額を請求しだす場合もあるからです。
 
『ここに聞いていないキズがありますね、これは申し訳ありませんが、5000円引かせてもらうことになります』
 
いきなり当日にそう言われて、すでに決まっていた査定額から減額されたらどうでしょうか。とても腹立たしく、納得がいきませんよね。そのほかにも、色がちがう、年式がちがう、グレードがちがう、など、その内容は多岐にわたります。
 
もちろん、あまりにも内容がかけ離れている場合は、減額もありえます。どちらかというと、ユーザー側が告知していないケースで、例えば
 
・走行ができるという話しだったが、実際には動かない
・必要な書類が用意できない
・走行距離が3万kmではなく30万kmだった
 
などです。
 
この辺の判断は常識の範囲内で考えれば、減額をされてしかるべきかどうか、わかると思います。
 
 
しかし、基本的には廃車の買取です。そのためキズや凹みなどで減額というのは、あまり考えられません。細かいことを言ってくる業者は要注意でしょう。
 
対策としては、事前にこう確認するとトラブルが起きづらくなります。
 
『当日に減額されることは無いですよね?』
 
この質問に対して、しっかりと説明してくれる業者は間違いないでしょう。
 
 
 

還付金の廃車トラブル

 
還付金といわれるものは3つあります。
 
1 自動車税
2 自賠責保険
3 重量税
 
 

自動車税の還付

 
 
1の自動車税は春先に1年分を納税しますよね。抹消の手続きを行うと、この1年分のうち使用していない月数分、お金が戻ってきます。つまり、抹消手続きをした翌月分からの還付です。
(普通車に限り、月割りで還付されます。軽自動車に還付はないのでご注意ください)
 
こちらの記事もよく読まれています
▶ 自動車税が還付される方法教えます!廃車手続きは3月までに行おう
 
 
ちなみに、還付金は管轄の県税事務所から戻ってきますので、廃車業者から受け取るわけではありません。手続き後、1~2か月たってから通知が届きますので、それを銀行や郵便局に持っていくとお金にかえられます。
 
 
このときによくあるトラブルが、1か月分のズレです。
 
【通常の流れ】
8月に車を引き渡した
  
  ↓
 
8月中に業者が陸運局で手続きする
 
  ↓
 
翌9月分からの還付がある
 
 
このように、よっぽど月末に引渡さないかぎりは、廃車業者は当月内に手続きをするのが一般的です。すると翌月分からの還付金が発生します。
 
 
【のんびりした廃車業者の場合】
8月に車を引き渡した
  
  ↓
 
9月に入ってから業者が陸運局で手続きする
 
  ↓
 
翌10月分からの還付がある
 
 
このケースでは廃車業者がもたもたしているので、自動車税1か月分を損してしまいました。
  
1か月分とはいえ排気量にもよりますが、3000円前後かわってきます。相手が手続きをのんびりしているせいで、これだけのお金を失ってしまっては、文句もいいたくなりますよね。
 
このような損失を防ぐためにも、契約の際にはいつ陸運局で手続きをするのか、具体的な日程を必ず確認をとりましょう。
 
 
 
 

自賠責保険と重量税

 
自賠責保険と重量税の2つは、車検が残っているかどうか、で変わってきます。車検がほとんど残っていない場合は還付がないので気をつけましょう。
 
また、廃車業者には2種類のカタチがあります。
 
1 スクラップを主とした解体業者
2 再販や輸出を主とした小売業者
 
どちらの形態の廃車業者に頼むのかによって、戻る戻らないが変わってきますので注意してください。
 
たとえば再販をベースに営む廃車業者の場合、次の人にまた乗ってもらう商売なので、自賠責や重量税もそのまま次に充てることが多いです。すると買取価格には、その2つをコミで提示します。
 
いろいろなケースがあるので、1-1章でお伝えしたように、最終的に手元に残るのはいくらなのか、を確認することが大切になってきます。
 
 
 
 

名義変更による廃車トラブル

 
 
車の売買につきものなトラブルがこの名義変更です。廃車だけではなく、個人売買やヤフオクなどでも昔からたびたび話題にあがるものです。
 
廃車をするときも同様で、売却後は必ず自分の名義から変更されていることを確認する必要があります。
なかでも一番安心なのは、
 
・名義変更
・抹消登録
 
この2つをいっぺんにしてくれる業者です。
 
自分の名義を廃車業者の名義に変更しつつ、さらに抹消の登録まで行ってあれば鬼に金棒です。万が一この先に何かトラブルがあっても、手放した方に何かがおよぶ可能性は極端に低いでしょう。
 
 
抹消が済んだことを必ず目で確認しましょう
 
 
名義変更や抹消登録が終わったと、廃車業者から伝えられました。しかし安心するのはまだ早いです。はたして本当に手続きは終わっていると信じていいのでしょうか。
 
ここで一つ確実な方法があります。
名義変更が終わると、新しい名義になった車検証ができあがります。この原本は当然、現在の持ち主のものですからもらえませんが、そのコピーは手に入ります。
 
手続きが終わったら、新しい車検証のコピーを必ず郵送で送ってもらいましょう。届いたら自分の目で確かめて、まちがいなく抹消がおわり、名義が変わっていることを確認します。また1-3-1章でお伝えした自動車税の還付も、記載された登録月日で把握することができます。
 
この方法なら間違いがないですし、そもそも優良な廃車業者はこのような気配りを当然おこなっています。
 
 
こちらの記事もよく読まれています
 
 

その他の廃車トラブル

 
 

出張査定の廃車トラブル

 
自宅に出張査定を依頼するときも気をつけてください。査定員はわざわざ時間とお金をかけて、自宅まで来てくれます。ということは会社として経費がかかっているので、手ぶらではなかなか帰ってくれません。
 
何時間も粘られたり、脅されたり、泣かれたり、とにかく契約を結ぶまでは、しつこく居座ろうとします。
 
そもそも廃車の金額を出すための出張査定は必要ないことを覚えておきましょう。理由はかんたんです。何百万円もする高額な車ならともかく、廃車前提の価格帯の車をその都度出張していると、とてもコストがあわないからです。
 
廃車の場合、電話やメールで金額が出ますので出張査定は必要ありません。
 
 

一括査定の廃車トラブル

 
一括査定は、いろんな業者の査定を比較できる、というメリットがある反面、とても大きなデメリットもあります。
 
廃車業者からしてみれば、競合ありきの値さしになります。そのため、とにかく営業電話など、後からしつこいくらいに連絡があります。さらにそれが何社もかかわっていることから、何日かは異常な数の電話が鳴り続けるでしょう。
 
あまりオススメはしませんが、そのストレスに耐えられるのであれば、一括査定は一番高い業者が見つけやすいので、試してみるのもいいかもしれません。
 
 
 

引取り時間の廃車トラブル

 
いざ契約が決まって、引取り日の相談をするときに、時間をざっくりと指定してくる融通のきかない業者がいるので気をつけましょう。
 
たとえば、〇日の明るい時間のうちに、午後のどこかのタイミングで、日中のあまり遅くならない時間帯に、などです。そうなるとその日1日、自宅で待機していなければなりませんよね。どこにも出かけることができず、そのまま一日がつぶれてしまいます。
 
たしかに道路の混み具合などもありますから、時間をピンポイントに指定する業者は少ないですが、それでもおおよその目安として、1時間くらいの幅で指定するのが許容範囲でしょう。
 
 
 

キャンセル料の請求

 
いったん契約をしてから、急に売却の都合が悪くなることもあるでしょう。その場合に高額なキャンセル料をもちかける廃車業者もいますから気をつけてください。
 
その請求額は、買取価格よりも高い3万円や5万円、10万円などがあるようです。
ただし前日や当日のキャンセルは、どの業者であっても、またどんな業界であっても当然嫌がられます。飛行機や飲食店、旅館などで考えてみても、キャンセル料は発生することがありますよね。 
 
”もしもキャンセルすることになってしまった場合、どのような請求が発生するか”は、念のため事前に確認しておいたほうがいいでしょう。
 
 

支払いの廃車トラブル

 
支払いは現金払いなのか、それとも振込になるのか忘れずに確認しましょう。とくに振込の場合は、どのタイミングで支払われるのか、が大切です。
 
引取り日なのか、手続きが終わってからなのか、翌月末なのか、次の売り手がみつかってからなのか、いろいろなパターンが想定されます。
 
廃車業者によって支払い方は千差万別ですが、支払い日までの期間が長くなるほど、トラブルの元になりがちです。一番確実なのは当日現金払いです。その一回で書類作成から引取り、支払いまで完了させる業者は優良店でしょう。
 
 
 

まとめ

 
 
 
いかがでしたか。廃車業者にまつわるトラブル事例をご紹介してきました。
 
1 料金のトラブル
2 現車を見て減額するトラブル
3 還付金のトラブル
4 名義変更のトラブル
5 出張査定のトラブル
6 一括査定のトラブル
7 引取り時間のトラブル
8 キャンセル料のトラブル
9 支払いのトラブル
 
 
どんな契約にもリスクはつきものですが、事前に知っているのといないのとでは、取引に雲泥の差があります。さらに大切なのは、知っていることで目に見えない不安が解消されるということです。
 
日頃から廃車と接する方は少ないでしょう。言い換えれば初心者ばかりです。そこに悪い業者はつけこもうと考えますので、知識という防御策をしっかりと持ってのぞんでいきましょう。
 
 
昨今の廃車業者は、サービスの向上に取り組んだ優良業者がとても増えてきました。また引取りから手続きまで丸投げしても、しっかり動いてくれるとても便利な存在です。今回お伝えしてきたことを参考に、ぜひ安心、優良な廃車業者を見つけてみてください。
 

廃車買取価格 一覧

【毎日更新】本日の買取価格表を見る

おもガレ 高価買取キャンペーン(2020ver)
SNSでフォロー
過去記事アーカイブ