高価買取中

あと8日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

トンネルでは視界の変化にあわせてスピードの調節を!

トンネル
公開日: 2016.05.20 / 最終更新日: 2020.06.01

トンネルに対する意識、みなさんはどう感じているでしょうか。

明るい景色から一転して暗い視界へと変わっていくのが、苦手、恐い、という人も多いようです。

私は小さい時はトンネルが好きで、特に高速道路のトンネルには胸が高鳴ったものです。

狭くて暗いところ(押し入れのような)が、子ども心にワクワクするのかもしれません。

 

今となっては特に何とも思わないようになりましたが、逆に最近は困ってしまうことも出てきました。

トンネルにさしかかると電波がひろえず、テレビの画像が動かなくなる場合がありますよね。なぜかは分かりませんが、必ずいい場面でこの現象はおきるのです。はたしてこれは私だけでしょうか。

 

 

入口ではスピードが落ちる

高速道路のトンネルに入ると、自分では意識せずとも突入する前よりスピードが落ちる傾向にあることをご存知でしょうか。

 

普通にアクセルを踏んでいるつもりでも、あの狭い空間に入った瞬間、脳は道幅が狭まったと感じてしまうのだそうです。

 

 

それまでは、外の広い景色の中を走っています。その風景は後ろへと流れていくのですが、遠い景色はゆっくりと流れ、その感覚に目が慣れています。そこから狭い空間の中に入っていくと景色は消え、すぐ間近の壁が視界にとびこんできます。

 

心理的圧迫

例えば、遠くで拳を振られたらどうでしょう。身の危険はさほど感じないと思います。では同じスピードで目の前に拳がせまったら?当らないと分かっていても目をつぶったりよけたりしてしまうかもしれませんよね。すごくわかりやすくいうと、トンネルでも同じことなのです。目は近いほど刺激を強く感じます。そこに暗さが加わるとさらに圧迫感までも感じてしまいます。

ドライバーは急に視界が変わることで、慎重に運転しようという心理が働き、アクセルを緩めてしまうというわけです。

 

トンネル内での並走

ちなみにトンネル内の狭い空間で他車と横並びに走るのも危険です(トンネル内だけではありませんが)。ドライバーは壁を近くに感じてしまい、無意識にセンターラインに寄っていく傾向があるそうなのです。けっして幅寄せをしているつもりはなくとも、まん中に寄ってきた車両同士は接触してしまう危険があります。また、そう感じて慌ててよけようとハンドルを切ると、それもまた危険が生じてしまいます。タイミングをずらしたり、間隔をあけたりとポジショニングは常に意識した方が良いでしょう。

 

 

出口はまぶしい!

視界の変化はトンネル出口でも同様です。ですが、今度は圧迫感とは別の理由からになります。

特に昼ごろは、トンネルを出た瞬間にまぶしいと感じることがあります。明るい景色に目がついていけず、慣れて視力が回復するまで時間を要するのです。その時、白やシルバーなどの色の車は、外の明るさに溶け込んで見えにくくなることもあるので注意が必要です。

 

衝突をさけるためにも急にスピードをあげるのではなく、そのままの速度で抜けるようにしましょう。またトンネルの出口付近では強い横風を受ける場合もあります。外の拡がる景色に解放感を感じてつい油断しがちになりますが、しっかりハンドルを握って運転しましょう。

 

 

トンネルの入り口ではライトを点灯しますよね。

このライトをブレーキランプと勘違いしてしまう場合もあるようです。前述したように入り口では速度も落ちてしまいがちですから、なおさら後続車はつられてブレーキを踏みこみます。さらに後続がブレーキを、とつながっていくと、これが渋滞の始まりになったりもします。

 

 

 

 

 

まとめ

人間の視覚は、いろんな環境や状況によって左右されてしまう非常に脆いものです。トンネルのように180度明るさが一転する場所では、たとえまっすぐな一本道でも慎重に運転をする必要があります。

 

目の錯覚から心理的な影響を受け、そこから思わぬ事故につながる場合もあるのです。

スピードを出しすぎない、ブレーキを急激に使わない、という安定した速度コントロールを心がけていきましょう。

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

 

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ