高価買取中

あと6日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

油断大敵!高速道路での横風は突然吹きつける!

高速道路
公開日: 2016.05.13 / 最終更新日: 2020.06.01

高速道路を運転していると、注意しなければならないことってたくさんありますよね。

天候に左右される危険も数多くあります。雨や雪が降っていれば、タイヤがスリップしないよう、特にスピードやブレーキングに気を使います。

 

しかし、こういった目に見える現象は、当然運転者も気をつけているので、心の準備ができている場合が多いです。安全運転に対する意識がいつも以上に働くことから、慎重に運転するようになります。

一方で、思いがけなくヒヤリとする場面というのもあります。どんなに油断をしているわけではなくても、突然の出来事には驚いてしまうものでしょう。

 

 

突然の横風は本当にびっくりする

私も先日、ハイルーフのバンに乗って走行していた時に、このようなヒヤリに遭遇しました。

山あいを抜ける高速道路を走っていたのですが、その日はそれなりに風が強いという認識を一応持っていました。木々が大きく揺れていましたし、時折ゴウゴウと風が鳴っていたからです。

 

長いトンネルを抜けた時でした。いきなりの横風をくらって、浮かびあがるような感覚を受け、車がすーっと隣の車線にすべるように流されていくではありませんか。かなりあせりました。プチパニック状態です。幸い、すぐにステアリングを両手でしっかりとおさえ操作したことで、たて直すことはできました。それにしても恐い経験でした。突風の威力がここまで強いものとは思いもしませんでした。

 

ハイルーフのバンですら、この感覚です。

風が当たる面積が大きい車両、たとえばトラックですとか。

それから面積に比べて重量が軽い車両、軽貨物ですとか。

そのあたりの車が受ける脅威はもっと大きくなるようです。

 

実際に竜巻や台風以外では、日本で車を横転させる規模の横風は滅多にないそうです。私が経験したように、ほとんどが風を受けたあとのパニックや動揺に原因があり、そこから運転操作のミスによる事故につながるケースが多いようです。

 

 

 

突風の吹きやすいポイント

  • 山間部の谷間
  • 橋の上
  • トンネルの出口
  • 防音壁の切れめ

 

ビル風と同じで、風の通り道ができてしまうと、風の密度が濃くなり強度があがります。

山と山の隙間が自然と風道になりますから、ドライバーはあらかじめ構えたほうがよいでしょう。当然、そういったポイントは決まっていますから、標識が警告している場所もあります。

 

 

横風にあおられたら

まずは慌てないことです。驚いてハンドルを急に切ってしまうと、なおさら危険です。それからハンドルを両手で強く握ることですが、これは意識しなくてもこの状態になれば分かります。いつの間にか自然にぎゅっと握っている自分に気づくでしょう。

 

ハンドル操作だけではなくブレーキにも気をつけましょう。あせって急ブレーキをかけると後続車がびっくりします。追突を避けるためにも、ゆっくりと減速していきましょう。

 

 

 

横風に対する予防策

トンネルや橋の上にさしかかったら、いつでも減速できる準備をしておきましょう。

それだけでもだいぶ効果があります。速度が関係あるのか、と言われればおおいにあるのです。一般道路ではそこまで風の脅威を感じませんよね。スピードを出すほどに空気抵抗をうけるので、逆に遅いほど横転の危険は少なくなります。

横風の予測と減速、そして気持ちの準備をこころがけていきましょう。

 

 

ちなみに風による被害はまだあります。

例えばトラックなどが積んでいる積荷です。強風にあおられて落下した荷物は障害物となり大変危険です。そこからの二次災害を避けるためにも、車間距離をじゅうぶんにあけて運転しましょう。

 

 

まとめ

実際に突風による脅威というのは、体感してみないとなかなか想像しづらいことかもしれません。

しかし、ドライバーはいつでも油断することなく、周囲に気を配りながら安全運転でいることが求められます。当り前のことですが、それがリスクを回避する最も基本的で、かつ大切なことなのだと思います。

 

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

 

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ