高価買取中

あと6日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

どうして金額をつけて廃車を買取れるの?廃車業者の事情を大公開!

おもいでガレージ
公開日: 2016.06.18 / 最終更新日: 2020.05.30

東京都在住のAさんが、廃車を買取り業者に出すことにしました。もう10年以上乗っている車で、走行距離も10万キロを超えています。

 

ディーラーさんに査定を出してもらうと査定0円と言われ、少しでも値段がつかないかな、とネットを検索してみたのです。そこでは多くの買取り業者さんが、値段をつけて買取ります!、と謳っているではありませんか。

 

どうして解体車に値段をつけて買取れるのか、Aさんは疑問に思ったのでした。

 

 

 

廃車は買取り後このように売られていきます

多くの業者さんが廃車に値段をつけて買取るには、いくつかの理由があります。

 

  • 車検をとって転売する
  • 板金して転売する
  • 不具合箇所を修理して転売する
  • 海外に輸出をする
  • 解体して鉄や銅など資源として売る
  • 解体して部品を中古パーツとして再販する

 

などが理由としてあげられます。

 

その車をどのようにすれば、新しい価値が生み出せるか、と

各業者さんは1台1台を見極めて、次のステージへの道筋をつけていくのです。

 

もちろん、なかなか再販の厳しい車も出てきます。

修理をするにしても、かなりの修理代がかかってしまったり、

海外の需要とうまくマッチしなかったり、

中古パーツとしても値段がつけづらかったり、です。

 

そういった場合は、純粋に解体をして、鉄など資源として再利用します。

 

昨今では、インターネットの普及もあり、中古車市場でもグローバルな流通が活発になってきています。

海外への輸出も、昔はなかなかルートが確保できず、またどこで何が必要とされているのか、分かりづらい側面がありました。

 

それが情報化社会に移行するにつれ、少しずつその範囲が拡がっていきます。今では多岐にわたって車が選ばれるようになりました。

 

日本国内の売り手側も、選択肢が増えることにより商売の幅がひろがっていったのです。

 

 

廃車した後の鉄は再資源に

まず1台の車を考えたとき、その大部分は鉄や銅など資源として還元されます。 

プレスされた鉄は、その容量で換算され専門業者さんと取引をされます。 
ちなみに鉄の相場は、常に上下しており、世界規模の需要と供給から値段が決まってきます。 

そのほか、タイヤ、アルミホイール、ガラス、エンジン、シート、ヘッドランプ、バッテリー、サスペンション 
コンデンサー、キャブレター、ミラー、コンデンサー、そしてボディーなど外装部分、 
など、どんな部品でも再利用できるものは棄てずにいかしていきます。 

もちろん、エアバッグや廃液、フロンガスなどは、環境に影響しないように 
専門処理業者さんが、定められたルールのもとで回収して正しく処理を行います。 

このように、地球や環境を考慮したうえでのエコリサイクル活動が、業界をあげて取り組まれています。

 

 

廃車にはリユースとリサイクルの精神が

おもいでガレージのコンセプトは、解体せずに次の方に乗ってもらおう、です。

そのため、次のステージのためにあらゆる可能性を考えています。

 

その考え方の根底には、リユース&リサイクルの精神があります。

まだ使えるのに潰してしまっていいのか、もったいなくないのか、必要としている人はいないのか、

そう考えることによって、社会に還元する意義を追求いたしております。

 

リユースという観点では、中古車の海外輸出も大きく一躍をかっています。

特に東南アジアやアフリカなどの途上国では、安価ながらも日本製ということで多くの需要が見込めます。

 

かつてメイド・イン・ジャパンという言葉がありました。

日本製というだけで、丈夫にしっかりとつくられている、と信頼され、一ブランドとして確固たる地位を保ってきました。

近年ではそれに加えてもう一つ、ユーズド・イン・ジャパンという言葉もとりあげられてきています。

日本で使われてきたものも丁寧に大切に使われてきたのだろう、と思われているのです。

 

日本ではもう古い、走れないと思われる車でも、そういった理由から喜んで使ってもらえる国がたくさんあります。

経済的な背景から、そこまで高価でない価格帯の中古車でも歓迎され、多くの車が海を渡るようになりました。

 

 

まとめ

Aさんが疑問に感じた、廃車を買取りしてどうするのか、という問いには、

”新たな価値を生みだし、それを必要としている人に届ける”

と答えたいと思います。

それはけっして商売だけの枠組みにおさまらず、大きく循環させた社会還元の精神をも有しています。

 

私たちおもいでガレージは、国内での再販はもちろんのこと、海外での多くのニーズにもこたえられるよう、1台1台の価値を見直し、再販するべき手段を見つけていきたいと考えています。

リユース&リサイクルの精神、もったいない精神を理念として、数多くの車を橋渡ししていきます。

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

 

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ