高価買取中

あと8日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

自動車の中古部品「リビルト品」と「リンク品」の違いは?

中古部品
公開日: 2016.04.27 / 最終更新日: 2020.06.01

自動車の部品にも中古品があることをご存じでしょうか?

 

例えば、追突事故に遭った車でも損傷していない部品は中古品として再利用できます。

 

また、中古部品は「リユース品」「リビルト品」「リンク品」に分類されます。「リユース品」はそのまま再利用する部品ですが、「リビルト品」と「リンク品」は混同されがちです。今回は、自動車の中古部品「リビルト品」と「リンク品」の違いについてご紹介します。

 

おもいでガレージ

 

 

中古部品を使えば安く修理できる

自動車の「セルモーター(スターター)」「オルタネーター(ダイナモ)」といった部品は、使用するたびに少しずつ消耗、劣化していきます。そのため、事故を起こしたことがなくても、部品交換の修理が必要です。

 

自動車を修理する際、工賃を安くすることは難しいですが、交換する部品を新品ではなく、中古部品を使うことで修理費用を抑えることができます。

 

自動車の部品は、新品は「メーカー純正の新品」「他社の新品部品」、中古部品は「リユース品」「リビルト品」「リンク品」に分かれています。価格は、「メーカー純正の新品」がもっとも高いため、修理の際に中古部品を使うことで安く修理することが可能です。

 

 

「リビルト品」と「リンク品」の違いは?

メンテナンス13

 

リユース品は、バンパーやフロントドアなどの状態が良い部品を使用済自動車(廃車)から取り外して、必要な点検をして再使用する部品を指しますが、リビルト品とリンク品はどう違うのでしょうか。

 

 

リビルト品とは

リビルトとは「再生」「再構築」などを意味します。

 

リビルト品は、使用済み部品を分解・洗浄し、磨耗・劣化したパーツ(部位)を新品と交換して、劣化していない部品は再利用して組み立てた部品です。交換した部分以外にも厳しい検査基準が設けられており、品質チェックも行われているため、新品と同等の性能になっています。

 

エンジンやドライブシャフト、トランスミッション、ラジエター、エアコンコンプレッサーなど機能性部品を中心に多くのリビルト品があり、リビルト部品はメーカーによる6カ月から2年の保証が付きます。

 

 

リンク品とは

リンク品は、損傷や消耗したパーツを交換するところまではリビルト品と同じです。しかし、リンク品の場合、故障していないパーツに関しては分解や調整もしないため、交換された部分以外は修理前の状態のままになっています。

 

手間がかかっていない分リビルト品よりも安価ではありますが、部品としての寿命は比較的短い可能性もあります。

 

>自動車は中古パーツの再利用が命!リユース品・リビルト品・リンク品の違いも解説!

 

 

 

中古部品のデメリット

保証の付いているリビルト品は、品質の点でも新品に近い性能があるといえます。その分、価格も中古部品の中では高額です。一方、リンク品は中古部品の中でも低価格ですが、反面耐久性については不安があります。

 

また、中古部品は、全ての部品が常に在庫があるわけではありません。中古部品は使用済自動車(廃車)からのパーツ取りや、自動車整備工場での部品交換された際に供給されます。希望する部品の在庫がない場合は、修理する際に在庫を問い合わせてもらうといいでしょう。

 

 

まとめ

中古部品を使うことで修理費用を安くすることができますが、中古部品を使用する際には値段だけでなく種類も確認してみましょう。

 

「リビルト品」か「リンク品」の違いを理解しておけば、修理業者に中古部品をすすめられても安心して使うことができます。とくに、修理して少しの間だけ乗る場合や買い替えまでのつなぎといったときには、新品部品で高く修理するよりも中古部品で安く修理した方がお得です。

 

中古部品でも品質が良ければ安心して使えますから、品質や保証の有無を確認してリビルト品やリンク品の購入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

廃車買取おもいでガレージでは、この他にも、「中古車」「廃車」「買取」などに関するコラムを多数掲載しています。ぜひ参考にしてください。

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

 

おもいでガレージ

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ