廃車引取り・手続きなど廃車処分のことなら【廃車買取おもいでガレージ】

知って役立つ!廃車買取の豆知識

自動車シュレッダーダストとは?シュレッダーダストの成分と処分問題

シュレッダーダスト
公開日: 2016.03.26 / 最終更新日: 2020.06.01

みなさんは自動車シュレッダーダストという言葉を聞いたことがあるでしょうか。自動車シュレッダーダストは、自動車を解体した後に残る廃棄物の1つです。

 

今回は、この自動車シュレッダーダストの成分と処分問題についてご紹介します。

 

おもいでガレージ

 

自動車シュレッダーダストとは

廃車された自動車は、自動車解体業者が解体処理した後に工業用シュレッダーによって破砕されます。その中から鉄や非鉄金属を取り除いた後に残った廃棄物が「自動車シュレッダーダスト」です。

 

自動車シュレッダーダストの主な成分は、ウィンドウやミラーに使われていたガラスやダッシュボードなどのプラスチック類、部品として使用されていたゴム、シートベルトや座席の繊維類などです。

 

自動車1台に対して約20~25%がシュレッダーダストになるといわれており、資源として利用することができないことから埋め立て処分されていました。

 

しかし、自動車には、水銀やカドミウム、鉛などの有害な重金属や有機溶剤などが含まれているため、環境に悪い影響を与えることが懸念されており、1996年4月から管理処分場でのシュレッダーダスト埋め立て処分が義務付けられました。

 

管理処分場は、埋め立て地から出る有害な浸出液によって地下水や公共水域が汚染されないように、遮水工を設けたり、有害浸出液の処理施設を設けたりして、環境への影響を最小限に抑えるための設備を持った処分場です。

 

自動車シュレッダーダストの処分問題

年間100万トン近く発生するといわれている自動車シュレッダーダストは、重量は軽いですがかさ張るため、処分場不足が年々深刻化しています。

 

処分場不足は悪質な業者による不法投棄につながり、「豊島事件」に代表される不法埋め立て事件なども発生しました。

 

このような状況を改善するため、不法投棄の防止やシュレッダーダストの適正な取り扱い、リサイクルを進めるためにさまざまな法整備が行われました。

 

近年では自動車メーカーやリサイクル業者、廃棄物処理事業者などが、自動車シュレッダーダストをコンパクトにしたり再利用したりする技術を開発しています。

 

また、シュレッダーダストをガス化溶融炉で溶かし路盤材などに再利用するほか、発生したガスや廃熱を発電に利用する取り組みなど、省資源に有効なリサイクル技術が既に実用化されています。

 

処理費用は所有者負担に

自動車シュレッダーダストの問題を受けて、1997年に、「自動車のリサイクル率の向上」と「有害物質使用量の削減」を達成目標とした「使用済み自動車リサイクル・イニシアティブ」が策定されました。

 

そして、2002年に「自動車リサイクル法」が制定され、フロン類、エアバッグ類、シュレッダーダストの3品目についてメーカーが適正に処分・リサイクルすることを義務付けました。

 

リサイクルにかかる費用は自動車の所有者が負担することと定められており、自動車を購入する際にリサイクル料金として納めなければなりません。

 

リサイクル料金は自動車の大きさや車種などにより異なり、自動車メーカー各社によりそれぞれ公表されています。また、自動車リサイクルにかかわる業者が自動車の引き取りや引き渡しを行う際に、情報管理センターに報告する「移動情報管理システム」も導入されたことにより、自動車のリサイクルが円滑に行われるようになりました。

 

その結果、現在、自動車のリサイクル率は約95%まで向上しています。

 

 

まとめ

さまざまな企業、業者が研究を続けてきたおかげで、自動車シュレッダーダストの発生量はかなり少なくなりました。

しかし、いつかは必ず埋め立て処分する場所もなくなってしまいます。

自動車を廃車処分する前に、中古車としてそのまま誰かに乗ってもらいましょう。

 

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
初度年式
走行距離
車検の
有効期間
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
備考欄
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
初度年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
車検の有無は問いません
  • 街中を走行できる
  • エンジンはかかるが街中の走行は厳しい
  • バッテリーがあがって動かない
  • 不動車
  • 事故車
  • 長期放置(3年以上動かしていない)
  • 水没車
年式は初年度(車検証の初度登録)をお選びください
  • 令和3年
  • 令和2年
  • 平成31年
  • 平成30年
  • 平成29年
  • 平成28年
  • 平成27年
  • 平成26年
  • 平成25年
  • 平成24年
  • 平成23年
  • 平成22年
  • 平成21年
  • 平成20年
  • 平成19年
  • 平成18年
  • 平成17年
  • 平成16年
  • 平成15年
  • 平成14年
  • 平成13年
  • 平成12年
  • 平成11年
  • 平成10年
  • 平成9年
  • 平成8年
  • 平成7年
  • 平成6年
  • 平成5年
  • 平成4年
  • 平成3年
  • 平成2年
  • 平成1年
  • 昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和3年
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和5年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月

 

おもいでガレージ

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ