高価買取中

あと8日!

☎ 0120-061-502

まずは無料査定で愛車の値段をチェック!(日曜休)

廃車買取に役立つ豆知識
知って役立つ!廃車買取の豆知識

ママさん手記 初めてのチャイルドシート

チャイルドシート
公開日: 2016.05.05 / 最終更新日: 2020.06.01

チャイルドシートの義務化というのは聞いたことがあるけれど、一体何歳から何歳まで乗せていなければいけないのかは、結構漠然としていました。

 

実際調べてみると、使用義務の対象は6歳未満とのこと。6歳を過ぎていても身長が135cm〜140cmに達していなければ車のシートベルトを使用できないそうです。確かに首にシートベルトがかかっていたら危ないですよね。

 

ということで、初めて車に乗せるその日からチャイルドシートは必要だと分かりました。

 

 

チャイルドシートを選ぶ

さて私自身も子供を出産して、その退院の日にはチャイルドシートに乗せて帰らなければなりません。ということで、出産準備の際に量販店に見に行きました。

 

これが実際見てみると色んな種類があるんです。大きく分ければ乳児用、幼児用、学童用の3種類に分けられるようです。

 

店員さんによく聞いてみよう

新生児用を見てみるとさらに、完全に水平に置くもの(ベットタイプ)や、くるっと席が回転するもの、そのまま固定のもの、その他各社クッションやサンルーフに至るまで色んな装備で趣向を凝らしています。

 

その時の私の選び方はというと、やはり利便性。

メーカーのネームバリューも大事なんですけど結局使えてなんぼだし・・・

値段も各社様々ですが、安くて安全性にかけたら怖い、という考えもありました。

 

結局素人なので、店員さんに聞いてみることにしました。いろいろ話しを伺い、最終的に くるっと回転するものを選びました!

 

新生児の時は首がすわっていないため、補助のクッションに包んだり固定したりして、後部座席に後ろ向きに乗せます。これは本体を据え付けたら中身の椅子が回転するので、成長にあわせて前にも向けるし、また乗せ降ろしも楽だなと思いました。

 

実際その回転椅子は凄く便利でした。片手でスイッチを押しながらくるっと回転させて子供を乗せられるのです。

 

意外とシートベルトの長さ調整が不器用な私は苦手でしたけれど、一度誰かにレクチャーを受ければ出来るようになります。

 

 

 

チャイルドシートアセスメント

今回コラムを書くにあたって、国土交通省がホームページに掲載しているチャイルドシートアセスメントと言うのを知りました。

本当は購入の前にこういったものを知っていれば・・・と今思うところですが。

各社チャイルドシートの安全性を前面衝突試験と使用性評価試験を行い、その結果を安全性能の評価として公表しているのです。

 

 

 

1代目の、新生児から使えるくるっと回転するチャイルドシートの評価は、前面衝突試験(時速55kmでの前面衝突時に、ダミーの頭部、胸部に与える影響等を「優」「良」「普」「推奨しない」の4段階に評価)にて乳児用の時は「良」幼児用の時は「優」となかなかの高評価!

 

使用性評価試験(1.取扱説明書等の記載内容、2.本体表示内容、3.機構の性能、4.座席への取付け、5.着座性)

においても5点満点の4.5と高評価でした。

 

2代目の幼児用のは「普」の評価・・・

これって大丈夫?と心配ですけど、”推奨しない”にならなければ、日本製は世界トップ基準というのがありますから、問題はなさそうに思えます。

 

あとは安全なチャイルドシートの選び方で、安全基準を満たしたチャイルドシートに添付されるマークと言うのがあるようです。

 

Eマーク(現行基準を満たした製品)と自マーク(旧基準を満たした製品)です。

 

2012年6月30日以前に製作されたチャイルドシートには、改正前の古い基準に適合している自マークがついているのだそうです。しっかりチェックしたいですよね。

 

 

まとめ

子供も成長すると自分の席!とちょっと喜んで座ってみたりしますが、シートベルトによって固定されることを本当に嫌がります。しかし、今回改めて調べてみるとチャイルドシート未使用による死亡重傷率は使用者の2.1倍です。

 

母親としては抱っこで大丈夫じゃない?と思いますが、衝突時は子供の重さが30倍になるそうです。5キロの新生児でさえ150キロ!!とても、私たちの腕の力では支えきれません。

 

子どもがチャイルドシートを嫌がり、凄まじく泣いているのは本当に可哀想ですよね。しかし、子どもの安全を第一に考えると、しっかりと習慣づけていかなければなりません。

 

長距離ドライブなどでは、お気に入りのおもちゃやビデオ、こまめな休憩で上手に乗り切りたいものです。

 

今回の調べで、チャイルドシートの重要性をあらためて感じることができ、同時に親としての自覚と責任も大切なのだと感じることができました。

 

 

 

愛車の処分を考えている方必見! あなたのクルマ買取ります!

 

廃車をするにあたって最初の一歩は『あなたの愛車の価格を知る』ことです。

 

おもいでガレージの問合せフォームから査定依頼をすると、あたなの愛車の価格がかんたんにわかります。廃車査定は現車を見せる必要がないのが特徴で、その場にいながら手軽に金額を知ることができるのです。

 

まずはお気軽に査定額を調べることから始めてみましょう!

 

WEBでお気軽にあなたの愛車を無料査定
ご利用の愛車について
メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の
有効期間
備考欄
お客さまについて
お車の
保管場所
お名前
電話番号
メール
車両情報を修正する
送信いただく内容はSSLで適切に暗号化され保護されます。

※ご入力いただいたお客様の情報は、「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご確認、同意の上、送信ボタンを押してください。

メーカー
車種
車の状態
年式
走行距離
車検の有効期間
国産車
  • トヨタ
  • ニッサン
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • 三菱
  • ダイハツ
  • イスズ
  • レクサス
  • 光岡自動車
  • 日野自動車
  • 三菱ふそう
  • UDトラックス
輸入車
  • メルセデス・ベンツ
  • AMG
  • BMW
  • BMWアルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ポルシェ
  • スマート
  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • クライスラー
  • ダッジ
  • ジープ
  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • ランドローバー
  • ロータス
  • ローバー
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ヒュンダイ
  • その他
  • 走行できる
  • 走行不能(バッテリーあがり)
  • 走行不能(その他)
  • 長期放置
  • 事故車
  • 水没車
  • 2020年/令和2年
  • 2019年/平成31年
  • 2018年/平成30年
  • 2017年/平成29年
  • 2016年/平成28年
  • 2015年/平成27年
  • 2014年/平成26年
  • 2013年/平成25年
  • 2012年/平成24年
  • 2011年/平成23年
  • 2010年/平成22年
  • 2009年/平成21年
  • 2008年/平成20年
  • 2007年/平成19年
  • 2006年/平成18年
  • 2005年/平成17年
  • 2004年/平成16年
  • 2003年/平成15年
  • 2002年/平成14年
  • 2001年/平成13年
  • 2000年/平成12年
  • 1999年/平成11年
  • 1998年/平成10年
  • 1997年/平成9年
  • 1996年/平成8年
  • 1995年/平成7年
  • 1994年/平成6年
  • 1993年/平成5年
  • 1992年/平成4年
  • 1991年/平成3年
  • 1990年/平成2年
  • 1989年/平成1年
  • 1988年以前/昭和63年以前
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
  • 不明 わからない
  • わからない
  • 車検切れ
令和2年
  • 12月
令和3年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和4年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
令和5年
  • 1月

 

SNSでフォロー
過去記事アーカイブ